これをやるのはまずい!やこれは凄いことになる!など、ある種の勘というものが会社を成功へ導けるかどうか関わってきます。
この説明のしようもない勘というものは、実は大量の知識によって育てられるのです。
知識があればあるだけ、人が見逃してしまいそうなことも見逃さずに、アンテナを張っておくことでこれだ!と分かるようになります。
本をたくさん読み、たくさんの優れた方々と会いましょう。そうしていくうちに段々と勘がよくなります。
あとは、自分の知識は出し惜しみしないほうが良いでしょう。

知識は日々の努力でいくらでも増やせます。出し惜しみをしていては小さい人間とすぐバレてしまいます。人は凄い方に会ったときは誰かにその話をしたくなるものです。
そして人から尊敬を集めることで勝手に周りの方が宣伝してくれることがあります。それをきっかけに大きな仕事が舞い込んだことも少なくありません。
会社が伸びるためには、勘が良く判断力のある社長と他にも必要な人材がいます。それは「絶対売る人」と「社内管理をやり遂げる人」です。ミスがない人は案外どこにでもいます。
しかし必ずやる能力と気迫に満ち溢れている人は案外少ないものです。どんな上場企業でも最初は小さな会社だったはずです。
そこで会社が大きくなった理由は何より個人の力が大きく左右するのです。ある程度自分で起業の準備ができ一生懸命とことんやったあとは、優れた人を探し雇いましょう。
成功している会社には必ず優れた人がいます。優れた人がいない会社でうまくいっているところはありません。会社をもっと良くしたいと思ったら、次のステップへ進むためにも、様々な方法を駆使して優秀な人を探しましょう。

次のステップへ進むのは起業セミナー「ゼロから好きなことで起業する」No.1セミナーなら株式会社GOSPA