会社を立ち上げてからやるべきことはいたってシンプルです。
それは営業して売る!これに尽きます。
お昼休憩をとっているサラリーマンを横目にわき目もふらずに朝から晩まで商品を売りまくりましょう。サービスを提供しましょう。
興味をもってくれた方がいれば、今から行きます!ぐらいのスピード感と熱意が必要です。起業家にとって大切なことは、お客様に高い商品を届けるということですが、最初は信用もないので優れているかどうかが重要になってきます。一昔であればあまり品質がよくなくても買った本人しか評価はできませんでした。
良いサービスを受けなくても言えてせいせい身内のみです。しかし今は情報がいたるところに転がっている時代、SNSで良くも悪くも世界中の人達へ伝える威力を持っているのです。

だからこそ高品質や良いサービスを受けたとき、人は誰かに伝えたくなるものです。なので品質で勝負することはとても重要なことです。ちょっといいぐらいでは足りません。
もの凄く良いものを目指しましょう。商品だけにこだわなくても良いのです。素早く対応するや電話対応が丁寧、おしぼりを言わずとも交換してくれるなど、
こうしたサービスも高品質と言えます。そうしたものを提供し続けていれば必ず評価してくれる方やファンになってくれる方が現れます。
一つ気をつけておきたいのは、もし自分がやりたいことがすでに世の中にあり、上手くいっているビジネスと似たものになってしまう場合は、まずはその上手くいっているものの本質を理解することが先決です。上っ面だけ真似てもお客様はすぐ見抜きます。本質を理解しその上でオリジナルを足すことが出来ればお客さまの心も掴めるでしょう。